• HOME
  • 訪問記
  • 国立中央青少年交流の家
体験プログラム

【キャンプ2日目】

国立中央青少年交流の家の
「子ども防災力トレーニングキャンプ」に参加しました

2日目の朝は、雲ひとつない快晴でした。富士山がくっきり!
早朝の富士山

朝のミーティング風景。2日目の活動は防災ラリーです。
朝のミーティング

災害発生時に必要なことを学びながら、青少年交流の家の敷地内を移動しラリーをしていきます。
国立中央青少年交流の家の見取り図

たとえば、
【煙の中から脱出】
煙体験ハウスです。火災を想定して、煙が充満した部屋の中で身をかがめ、口と鼻をタオルで押さえて脱出する訓練です。
煙体験ハウス

煙体験ハウスの内部。
煙体験ハウスの内部

脱出、成功!
体験ハウスからの脱出

【けが人、発見!】

けが人を担架で運びます。
担架でのけが人搬送

【水を確保せよ!】

水を容器に入れて別の場所に運びます。
水の運搬

【限られたもので火をおこそう】

火をおこし、やかんでお湯をわかします。
着火

などなど、たくさんの体験をしました。
研修の説明のようす

──キャンプ2日目終了──
3日目を見る