御殿場駅発着!富士急行路線バスで行く御朱印めぐりの旅

御殿場駅発着!富士急行路線バスで行く御朱印めぐりの旅
『世界遺産富士山』の構成資産である神社や、子宝神社・厄切り神社として全国から参拝者が訪れる神社、地元の人々の心のよりどころとして昔から親しまれている神社など、御殿場周辺には数多くの神社が点在しています。御殿場駅発着のローカルバスに乗り、車窓から雄大な富士山を愛でながら、のんびり御朱印めぐりの旅に出かけてみませんか。JR御殿場駅富士山口発着の富士急バスで巡る神社をご紹介します。

御殿場周遊乗り放題きっぷ [2日間有効]
▲富士山口富士急バスターミナル
御殿場市・小山町発着の富士急バスが乗り放題のとってもおトクなきっぷです。御殿場での観光・ショッピングに、富士山ハイキングに、2日間乗り降り自由!
■料金:大人2,200円(中学生以上)、小学生1,100円
■発売場所:御殿場駅富士山口バスターミナル出札窓口(営業時間10:00~12:00、13:00~15:00)※併設の自動券売機では7:30から発売
https://www.fujikyumobility.com/_pdf/ticket.pdf
■富士急行バスホームページ
https://bus.fujikyu.co.jp/rosen/gotemba/
富士山のために作られた完全オリジナルの『富士山御朱印帳』
▲富士山御朱印帳(2200円)

JR御殿場駅箱根乙女口にある“富士山御殿場・はこね観光案内所”で好評販売中の『富士山御朱印帳』。表紙には富士山の等高線と、登山道4ルートが描かれ、中面には頂上の浅間大社奥宮から始まり、御殿場市の新橋浅間神社をはじめとする富士山周辺の6市町に鎮座する浅間神社専用のページを設けてあります。この『富士山御朱印帳』を手に、富士山周辺のパワースポット・神社めぐりを楽しんでみませんか。

購入はこちら

御朱印めぐり注意事項

※御朱印をいただく前にまず参拝しましょう
※お釣りのないように小銭を用意しましょう
※神社により社務所不在の曜日・時間帯がございますので事前にご確認ください。
※運行便数の少ない路線もございます。お出かけの際は、必ずバスの運行時刻を確認してください。

十里木線・ぐりんぱ・イエティ線編

新橋浅間神社(にいはしせんげんじんじゃ)

境内に湧くおいしい富士の伏流水で一服!
▲木の花名水
富士山御殿場口新五合目の東、標高約462mに鎮座する神社。御祭神は浅間大神(木花咲耶姫命)を主祭神とし、応保元年(1161年)熊野衆徒の鈴木氏なるものが造営したとされる。富士山東表口参道宮として毎年7月1日に富士山御殿場口開山式が執り行われる。境内に湧く『木の花名水』は、地下85mから汲み上げるバナジウム豊富な富士山の伏流水。近隣のみならず遠方からも汲みに来る人が多い。
見どころ
▲幸運のわらじストラップ(350円)富士山御殿場・はこね観光案内所で販売中
『恋人の聖地』に選定!
新橋浅間神社は縁結びのパワースポットと言われており、境内には“男道・女道”ふたつの道がひとつなる『縁結びの小径』や、2019年に選定された『恋人の聖地』のモニュメントなどが建つ。毎夏には、良縁と健脚を祈願して、御殿場の奇祭『御殿場わらじ祭り』の全長3.3mもある“大わらじ”が奉納される。
御朱印


毎年御殿場登山道の開山式が執り行われる神社ゆえ、富士山東表口参道宮と記されている。境内にある社務所が閉まっているときは、御殿場駅箱根乙女口にある富士山御殿場・はこね観光案内所(年中無休9:00~17:00)で拝受できる。書き置き。

交通情報

十里木線・ぐりんぱイエティ線④番のりば「新橋銀座」下車徒歩0分
※JR御殿場駅から徒歩約5分
▶︎GoolgeMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋2083
電話 0550-83-0604
受付 御朱印9:00~12:00、13:00~16:30(平日のみ)
須山浅間神社(すやませんげんじんじゃ)
~『世界遺産富士山』構成資産~

樹齢400年の巨木に囲まれ静かに佇む神社
▲古宮
808年頃から使用されていたと伝えられる須山口登山道(※現在の御殿場口登山道)の起点となる、標高約580mに鎮座する神社。御祭神は浅間大神(木花咲耶姫命)を主祭神として祀っている。現在の本殿は1823 年に再建されたものだが、境内には古宮と呼ばれる再建前の社殿が残っている。参道から境内にかけては、先人たちが守り育ててきた樹齢推定400年以上の杉が立ち並んでいる。
見どころ
▲ハートの石灯篭

腕が鳴る“映えスポット”がたくさん!
SNSでも話題のハート型の小窓がある石灯篭は階段を上がるとすぐ左側に立っている。この小窓から社殿を撮るのが定番だが、小窓と社殿の間に自身がおさまるように撮影すれば、主祭神『木花咲耶姫』の安産・縁結びの御利益がたくさん受けられそう。また手水舎に映る「逆さ浅間神社」も、よく晴れた日に撮影できる。

御朱印


その月毎に添えられる印が変わり、季節を感じられる御朱印。富士山南口である須山口登山道の起点としての富士山型の印も押されている。御朱印は境内にある社務所で拝受できる。毎月1日に絵柄が変わる。

交通情報

十里木線・ぐりんぱイエティ線④番のりば「浅間神社入口」下車徒歩5分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒410-1231 静岡県裾野市須山722
電話 080-1617-1865
受付 御朱印9:00~15:00(土曜・日曜・祝日)、平日は不定休

河口湖線編

浄土宗 雲逞山 龍宝寺(りゅうほうじ)

北条早雲が開基のお寺、浄土宗 雲逞山 龍宝寺。永正五年辰の年(1508)北条早雲氏により開基され、正譽求願和尚(浄土宗)を開山。元禄九年(1696)に大久保忠朝により修繕が施されている。江戸時代末期に罹災し本堂を焼失、明治に入り仮本堂が建立されたが、その後無住となった。昭和十九年(1944)暢譽了音和尚が再興し、平成十八年(2006)に永譽実音和尚が現本堂を建立した。寺の裏手には永代供養霊廟や檀家さんの墓地があるが、晴れた日はすばらしい富士山を一望できる。富士山をバックに、龍宝寺観音が万物を見守っている。

▲龍宝寺観音

御朱印


宗祖法然が詠まれた和歌「月かげ」がしたためられている。「阿弥陀様の本願は月の光のように平等にふり注いでる。南無阿弥陀仏と称えれば、阿弥陀様によってみな平等に救われる」と詠んでいる。書き置き。

交通情報

河口湖線①番のりば「山口」下車徒歩1分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0041 静岡県御殿場市ぐみ沢351
電話 0550-89-1119
受付 御朱印10:00~16:00 ※お彼岸やお盆の時期など対応できない場合あり
浄土宗 廣智山佛心院 大乗寺(だいじょうじ)

開基は1469年。阿弥陀如来(善光寺型弥陀三尊)をご本尊とするお寺。前本堂は地震により崩壊、現本堂は1771年に再建開始され、完成まで約50年かかったといわれる。江戸時代の宮大工、大隅流と立川流が関わり、欅や桜の大木が使われている。堂内では立川流の彫刻や、四季の欄間など、見ごたえのある宝物が見られる。境内にはPH8.2、水温12.5℃富士の伏流水「天明水」が湧いており、この水が注ぐ池は遠州流の造りで、大きな鯉が元気に泳いでいる。池のほとりや庭園には、さつきなどの草木花が季節毎、色とりどりに咲き誇る。

▲本堂
▲元気に泳ぐ鯉
御朱印


阿弥陀如来、南無阿弥陀仏、一光三尊の3種。住職が不在の時は書き置きで対応している。

交通情報

河口湖線①番のりば「仁杉」下車徒歩2分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0005 静岡県御殿場市仁杉857
電話 0550-89-2482
受付 御朱印10:00~16:00 ※お彼岸やお盆の時期など対応できない場合あり
東口本宮冨士浅間神社(ひがしぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)
~『世界遺産富士山』構成資産~

地元では須走浅間神社の名で親しまれる神社
▲権現造の社殿
802年に富士山が噴火した際、須走の地に斎場を設け鎮火祭を斎行したところ噴火が収まった。807年その鎮火祭跡地に神様をお祀りし創建された神社と伝えられている。創建後には、弘法大師(空海・真言宗)がここで修行を行い、富士登山をしたという伝承もある。江戸時代には、庶民による富士山登拝信仰・富士講や修験道者の信仰を集め、須走口登山道・須走の宿場町とともに栄え賑った。
見どころ
▲富士塚の狛犬
小川流れる浅間の杜を散策
境内入り口の鳥居に刻まれた「不二山」の文字は「二つとない素晴らしい山」という意味で富士山への信仰の深さが感じられる。境内中央の神門手前には富士塚を模した岩場の上に「獅子はわが子を千尋の谷に突き落とす」という、「獅子の子落とし」の諺を倣った親子の狛犬が3匹いる。 他に類を見ない珍しい狛犬。
御朱印


富士山東口本宮の印の上に書かれた御朱印。右上に押される十二支、左下に押される和名月と風物詩の印もかわいらしい。

交通情報

河口湖線①番のりば「須走浅間神社前」下車すぐ
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒410-1431 静岡県駿東郡小山町須走126番地
電話 0550-75-2038
受付 御朱印9:00~16:30

青年の家線・印野本村線編

日蓮宗 妙光山 感應寺(かんのうじ)

富士山のおひざもと御殿場市の中央に位置するお寺。元は龍神さま(水神)を祀る三島本覚寺の境内、現在の三島楽寿園の小浜が池のほとりにお堂があり、東海道の旅行く人々の参詣が絶えないお堂であった。現在の本堂には日蓮聖人の大曼荼羅御本尊を奉安されている。かつて近隣に富士山測候所があり、庭の桜が御殿場の標本木として観察されていた。開宗700年の記念塔も立っていて、中には経を書写した経石が納められている。地域の人々に愛され、お寺ヨガなども開催される。

▲開宗700年記念塔
▲半鐘
御朱印


『妙法』と書かれている御朱印と、『南無妙法蓮華経』と書かれている御首題が拝受できる。

交通情報

青年の家線・印野本村線①番のりば「若宮橋」下車徒歩4分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0041 静岡県御殿場市茱萸沢1335
電話 0550-82-2995
受付 御朱印9:00~16:00 ※お彼岸やお盆の時期など対応できない場合あり
胎内神社(たいないじんじゃ)

野鳥の森に鎮座する安産守護神胎内神社
▲自然豊かな御胎内清宏園
胎内神社は、もとは猿田彦を祭神としてお祀りした個人の神社であったが、後に木花開耶姫命が合祀され、胎内洞窟内に子育て不動尊を安置、村人から「穴不動」「子安さん」と呼ばれ崇敬されていたことから村の神社となった。胎内神社と名づけられたのは大正八年で、洞窟内奥ほどに本殿がある。静岡県の県鳥であるサンコウチョウやアカゲラなどが棲息する、御胎内清宏園内に鎮座している。
見どころ
▲洞窟入口
▲中は真っ暗!スリル満点

溶岩が生み出した神秘の洞窟探検
神社拝殿の横にある、富士山の噴火によって生まれた国指定の天然記念物「熔岩隧道」。全長約68mあり、構造を人体の内部に見立てて『御胎内』の名が付けられた。最奥部に神社本殿がある。自由に見学できるが、凸凹も多く、腹ばいになって進む場所もあるため注意が必要。受付でライト付きヘルメットをレンタルできる

御朱印


子宝・安産の胎内神社。御朱印には赤ちゃんを抱くお母さんのイラストが描かれ、ほっこりした気持ちに。御朱印の他にもお札・御腹帯・御灯明セットやお守りなどもあり、いずれも入口の受付で拝受できる。

交通情報

印野本村線①番のりば④番のりば「富士山樹空の森」下車徒歩10分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0008 静岡県御殿場市印野1382-1御胎内清宏園内
電話 0550-89-4398
受付 御朱印8:30~17:00(11月~1月は16:30まで)

駿河小山線編

吾妻神社(あづまじんじゃ)

御殿場発祥の地に建立する徳川ゆかりの神社
▲夜祭りの様子
家康公の御殿跡に鎮座する吾妻神社の起源は、日本武尊の神話伝説に伝わる吾妻原に建立された杉原神社に始まる。祭神は天照大御神、弟橘姫、素戔雄尊、大己貴命、東照権現(家康公)の五神。古老からは「権現さん」と呼ばれ親しまれている。合祀されている穂見神社は豊作と商工業の繁栄・家内安全・開運を祈願する神社。毎年11月の最終土曜日に夜祭り「高尾山(祭)」が開催される。
見どころ
▲兜石
御殿にまつわる史跡の数々
境内には地名御殿場の由来となった家康公の休憩所として造営された御殿の土塁の一部や、東照権現を祀っていたことを伝える江戸時代の常夜灯、地名御殿場発祥の地の碑など、数々の史跡が見られる。源頼朝が富士の巻狩りの際、兜を脱いで置いたとの伝承がある『兜石』も、市内他所から移設されている。
御朱印

御朱印は吾妻神社と穂見神社の2社分を、神社近くの氏子さん宅『大田屋製菓店』で取扱っている。見開きサイズはイラスト入り。現在期間限定で、頼朝の「富士の巻狩り」を描いた御朱印が拝受できる。書き置き。

交通情報

駿河小山線⑤番のりば「仲町」下車徒歩3分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0043 静岡県御殿場市御殿場190-2
電話 0550-82-9364(御殿場地区コミニティーセンター)
受付 御朱印『大田屋製菓店』仲町バス停前(電話:0550-82-0055)
9:00~12:00、13:00~16:00(水曜定休)
一幣司浅間神社(いっぺいしせんげんじんじゃ)

駿東郡の浅間神社75社の社頭
▲社殿
国道246号線の古沢交差点にある大きな鳥居が目印。この社は、東国から京への街道、鎌倉往環道の要所として栄えた古沢に貞観5年(863年)に創建された。その翌年富士山が大噴火し、鎮火を祈念して木花開耶姫命の分霊を勧請合祀した。天暦2年(948年)富士山東口一幣司の社号を賜る。2月17日の祈年祭には豊凶占いの筒粥神事、6月30日の大袚式には厄除けの輪くぐり神事が執り行われる。
見どころ
▲御神木の大スギ
太い幹のご神木が見守る神社
境内にある大スギは、静岡県神社廰御神木審査委員会が指定する御神木であり、高さ38m、目通り幹囲6.5mの巨木。一の鳥居と二の鳥居の間には昔の扁額が置かれており、一対の龍が縁どられ、彫られているのが間近に見てとれる。神社横にはブランコと鉄棒が置かれていて、子供に人気。雄大な富士山を見ながら楽しめる。
御朱印

神社の3軒下に宮司宅があり、こちらでいただける。入口にある大きなイトヒバの木が目印。玄関に看板もかかっている。不在のことも多いので、必ず来訪前に電話連絡をしていただきたい。書き置き。

交通情報

駿河小山線⑤番のりば「古沢」下車徒歩15分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0011 静岡県御殿場市古沢797
電話 0550-82-2479
受付 御朱印 来訪の前に必ず電話連絡を入れること

神場循環線編

神場山神社(じんばやまじんじゃ)

ハサミで厄を切る!厄切神社
▲5月初旬には藤が見ごろに
御祭神は山を司る大山祇命。平安中期に京都から大山祇命が移されたことから始まり、山仕事に従事するきこりたちが、山の安穏を祈ってお参りし、仕事が無事に終わると、道具のオノやナタ、ノコギリなどを奉納した。時代の流れと共に参拝者も変わり、奉納するものも病気や厄を断ち切るためのハサミに変わっていった。大天狗を神社の守り主に置き、霊験あらたかな神社と伝えられている。
見どころ
▲ハサミのお守り、せんべいも

厄を切る、大小さまざまなハサミ
境内には大小さまざまなハサミが奉納されており、本殿には高さ3m、重さ60kgの日本で一番大きなハサミも祀られている。厄を切り、病を絶つぞという強い気持ちが湧いてくる頼もしい神社で、社務所には厄切鋏や小さなハサミのお守り、やくきりせんべいなどがあり、心機一転、過去を断ち切り前に進みたい方にもおすすめの神社。

御朱印


“山神社”の愛称で地元に愛される神社だけあり、御朱印も“山神社”。印には厄を切る握りハサミの印もしっかり押されている。境内にある社務所には地元の氏子さんが交代で詰め、神社を守っている。

交通情報

※バスの便数が少なく、御殿場駅8:50発のみ。帰りはタクシーの利用となります。
神場循環④番のりば「神場公民館前」下車徒歩10分
▶︎GoogleMAPで見る
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 〒412-0047 静岡県御殿場市神場1138-1
電話 なし
受付 御朱印9:00~16:00

夏山登山バス線編

富士山頂上浅間大社奥宮(ふじさんちょうじょうせんげんたいしゃおくみや)
~『世界遺産富士山』構成資産/季節限定・夏山シーズンのみ~

標高3712m!日本一高い位置に鎮座する神社

富士山頂上に鎮座する、富士山本宮浅間大社の奥宮。夏の富士山開山期間中のみ訪れることができる。この富士山を御神体とし、浅間大神(木花之佐久夜毘売命)を主祭神、瓊々杵尊、大山祇神を相殿神としてお祀りしている。富士山の噴火を鎮めた御神徳により崇敬を集め、富士山信仰の広まりと共に全国に祀られた1300余の浅間神社の総本宮と称される。本殿は、静岡県富士宮市にある。

見どころ
▲剣が峰
意外と広い!?富士山頂
奥宮で御朱印をいただいたら、頂上噴火口の一番てっぺん、富士山の最高峰剣ヶ峰(3776m地点)を目指そう。奥宮からはさらに64m登るが、せっかくここまで来たからにはぜひ最高地点に立ってみよう。山頂郵便局もあり、登山証明書を発行している。富士山の風景印が押されるはがきや手紙の投函もできる。
御朱印


富士山の御神徳を拝しながら登っていただく御朱印のため『登拝』と記されている。富士山頂上に到達しなければいただくことができない御朱印だけあり、手にした時の感慨もひとしお。その年による特別記念印もある。

交通情報

御殿場ルート:夏季登山バス①番のりば「御殿場口新五合目」下車 登り:約9時間
富士宮ルート:夏季登山バス①番のりば「水ヶ塚公園」乗換「富士宮口五合目」下車 登り:約6時間
▶︎路線の情報はこちら

INFO
住所 富士山山頂
電話 なし
受付 御朱印5:00~17:00夏山開山中のみ(例年7月10日~9月10日)

※富士山頂までのルートは4つあるが、御殿場ルートの標高差や道のりは健脚者向け。御殿場ルートよりスタート地点が1000m程高い富士宮ルートから登り、御殿場ルートで下山するのがお勧め。御殿場ルートの下山道には、1歩で3m進むといわれる、宝永山噴火により厚く積もった火山灰と砂礫(されき)からなる約7キロの大砂走りがある。いずれにしても両ルートとも本格的な山登り装備、山小屋泊が必要となる。
富士登山について詳しくはこちら

Language »