富士山の噴火で生まれた洞窟で探検気分を味わう

富士山の噴火で生まれた洞窟で探検気分を味わう

富士山の噴火によって生まれた溶岩隧道を探検しよう

富士山の麓にある御殿場は富士山の歴史も語ります。噴火した時に流れ出た溶岩流によってできた溶岩洞窟もそのひとつ。駒門風穴は古く、およそ1万年前。印野溶岩隧道は1600年前(西暦400年代)に形成されました。溶岩の様子が当時のまま残る洞窟でタイムスリップ体験もできます。洞窟体験は、動きやすくて汚れてもOKな服装で。不安定な足元は履きなれた運動靴、長靴などで出かけましょう。

【駒門風穴】原型を保っている国内最大級の溶岩隧道。

駒門風穴(“こまかどかざあな”と読みます)はおよそ1万年前の新富士噴火によりできた隧道で途中から2本に分かれ150m程奥まで入られます。大正11年に国の天然記念物に指定されており、内部は夏冬を通じ13℃、凸凹も多く、天井の低いところもありますので十分注意して探検してください!

風穴入口。探検の始まりです。
内部は暗いので足元注意には十分注意してください。
全容はこんな感じ。残念ながら途中までしか入れません。

駒門風穴の詳細はこちら

【印野の溶岩隧道】御胎内清宏園から丸尾苑にかけての溶岩洞穴


『御胎内清宏園』の園内に人体の内部に似ているその形から「御胎内」と呼ばれる全長68mの隧道があります。洞穴内には“小腸部”“五臓部”などと名付けられた場所があり、最後に“産口”と呼ばれる狭い道を抜けゴール。すぐ横にある胎内神社は安産の守り神として知られています。御胎内清宏園から1キロ程離れた『丸尾苑』には、この付近で溶岩流が止まった様子を観察できます。

安産の守り神、胎内神社の横に入り口があります。
入り口。内部は暗く足元も悪いので十分注意してください
全容はこちら。胎内に見立てられています。

御胎内清宏園の詳細はこちら

『丸尾苑』では溶岩流末端の露頭が見学できます。
苑内では所々にベンチがありのんびり見てまわれます。/span>

丸尾苑の詳細はこちら

Language »