東山旧岸邸

  • Slide image
  • Slide image

建築家・吉田五十八が晩年に手掛けた伝統的数寄屋建築

東山観音堂に隣接する旧岸邸は元首相、岸信介の自邸として1969年に建てられました。建築家・吉田五十八の晩年の作品で、伝統的な数寄屋建築の美と現代的な住まいとしての機能の両立を目指して設計された近代数寄屋建築の邸宅です。美しい庭園と合わせて見学できます。樹齢400年の古木椿『太郎冠者』は春先に開花します。

– 基本情報 –
名称(ふりがな) 東山旧岸邸(ひがしやまきゅうきしてい)
住所 〒412-0024 静岡県御殿場市東山1082-1
営業時間 4月~9月10:00~18:00、10月~3月10:00~17:00(ご入館は閉館時間の30分前まで)
定休日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
料金 一般 個人300円、団体(20名以上)250円
小・中学生 個人150円、団体(20名以上)100円
※障がい者手帳をご持参の方および付添の方1名は無料
※団体(20名以上)様は4ヶ月前から1か月前までにお申し込みください
所要時間
アクセス 東名御殿場ICから車で約5分、JR御殿場駅よりタクシーで約15分
googleマップでみる
駐車場 あり
駐車場:大型バス
電話番号 0550-83-0747
FAX番号 なし
公式WEBサイト https://www.kyu-kishitei.jp/
備考 『とらや工房』と隣接しており、見学後気軽に立ち寄れます。
Language »