MOA美術館

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

あたらしくなった美術館で永く愛されてきた国宝を見る

MOA美術館は、約11か月に及ぶ改修工事を経て、2017年2月5日にリニューアルオープンを迎えました。
今回のリニューアルでは、ロビーエリア、展示スペースの設計を、世界的に活躍する現代美術作家 杉本博司が建築家 榊田倫之と共に主宰する「新素材研究所」が手がけ、古代や中世、近世に用いられた素材や技法を、現代にどう再構築して受け継いでいくかという問いに取り組み、さまざまな試みを行いました。
国宝「色絵藤花文茶壺」の部屋は、職人の技術の粋をきわめた仕上げで、江戸黒ともよばれる深みのある黒漆喰の美しい壁で囲まれています。
展示スペースには、樹齢数百年の行者杉をつかった框を配するなど、そこに飾られるものの美を最大限に生かし、古びないあたらしさを感じさせるでしょう。
日本の伝統的な素材を用いた現代的な空間が、あたらしいMOA美術館を体現します。

– 基本情報 –
名称(ふりがな) MOA美術館(えむおーえーびじゅつかん)
住所 静岡県熱海市桃山町26-2
営業時間 9:30-16:30(最終入館16:00)
定休日 木曜日(祝休日の場合は開館)
展示替え日
料金 一般:1,600円 (1,300円)
高大生:1,000円 (700円)
中学生以下:無料
シニア割引:1,400円
障害者割引:800円
※ ( )内は10名以上の団体料金
アクセス ■お車で(御殿場市内の施設は御殿場IC、それ以外は最寄りIC等から)
・東京方面より
東名高速道・厚木道路:小田原西出口→西湘バイバス→石橋へ→真鶴道路湯河原出口から国道135号線を通り→MOA美術館(所要時間約2時間)
・静岡方面より
東名高速道:沼津IC/新東名高速道:長泉沼津IC →伊豆縦貫道→熱函道路 → MOA美術館 (所要時間約1時間)
■公共交通機関で(御殿場市内の施設は御殿場駅からそれ以外は最寄りの駅等から)
JR熱海駅より
バス/バスターミナル8番乗り場よりMOA美術館行き 約7分 終点「MOA美術館」下車すぐ
タクシー/JR熱海駅タクシー乗場より約5分
googleマップでみる
駐車場 有(無料200台)
「3階駐車場」をご利用ください。駐車場の入り口は当館3階入り口手前にございます。
大型バスの受け入れ可否 可/大型バスをご利用の際は事前にご連絡ください。下車、駐車場をご案内いたします。
電話番号 0557-84-2511(代表電話)
FAX番号 0557-84-2570
公式WEBサイト http://www.moaart.or.jp/
備考 MOA美術館は、5月22日(金)から開館いたしました。
開館再開後も新型コロナウイルスの感染拡大防止策に取り組み、お客様とスタッフの安全に十分配慮してまいります。
ご来館の皆様におかれましても感染予防対策について、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

■マスクの着用をお願いするとともに、咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ、ティッシュなどで口をしっかりと覆う「咳エチケット」にご協力ください。
■館内各所に消毒液を設置しています。手指の消毒やこまめな手洗いにご協力をお願いします。
■チケット売り場や展示室内では、密にならないよう2m程度の距離を保ち、会話はお控えください。

Language »