箱根ラリック美術館で、ドラマチックな香水瓶に出会える

箱根ラリック美術館開館15周年を記念し、フランスの芸術家ルネ・ラリック(1860-1945)が手がけた香水瓶の数々を、華やかなりし時代のパリを映した香水の広告とともに展示します。ラリックは、目には見えない香りの魅力やイメージを、瓶の造形やデザインで表現した香水瓶を制作。容器の枠を超え、美しく繊細な意匠に物語(ドラマ)が込められた香水瓶は、またたく間に人々の心を掴みました。時には大切な人への愛を代弁する贈り物として、永く愛されてきたのです。モダンなデザインに、たくさんの想いを秘めたドラマチックなラリックの香水瓶の世界をどうぞご堪能ください。

【会期】2020年9月12日(土)〜2021年3月21日(日)
【開館時間】9:00〜17:00(美術館最終入館は16:30まで)
【営業日】無休(※臨時休館あり。最新情報は公式ホームページをご覧ください。)
【美術館入館料】大人1,500円、大学生・高校生・シニア(65歳以上)1,300円、中学生・小学生800円

箱根ラリック美術館の詳細はこちら

Language »