ポーラ美術館で開催『Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年』 

ポーラ美術館で開催『Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年』 

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、日本の浮世絵や工芸品はフランスの芸術に大きな刺激を与え、モネやゴッホといった芸術家たちの重要なインスピレーション源となり、ジャポニスムの時代が到来しました。
近代化の進む激動の時代、日本とフランスは新しい美の基準や感性を模索する上で互いに必要不可欠な存在だったといえます。
本展は、大量のモノや情報、そして人の往来が可能となった時代に、双方の芸術が織りなした「美の往還」を、ポーラ美術館の西洋絵画および日本の洋画コレクションを軸に辿る試みです。
また、現代の私たちも度々経験する異文化に対する憧れや好奇心、幻想や「ずれ」にも着目します。こうした経験や感覚をテーマとして制作された、国際的に活躍する現代のアーティストの作品を通して、異文化理解の本質や魅力にも迫ります。

展覧会名: Connections – 海を越える憧れ、日本とフランスの150年
会  期: 2020年11月14日(土)~2021年4月4日(日)会期中無休 ※会期中に展示替えがございます
開催時間: 9:00 ~ 17:00(最終入館は16:30)
会  場: ポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285) TEL 0460-84-2111
主  催: 公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館

ポーラ美術館の詳細はこちら

Language »